厳選された佐渡のお米

キンちゃん本舗本店では佐渡産のお米を化粧品メーカーの協力のもと製菓用に最適なパウダー状微粒子の特別な上用米粉に粉砕しました。ふっわふわな食感のパンやケーキなどにお勧めの朱鷺めきっ粉や佐渡ヶ島の魅力をお届けします。

新潟県の中でも佐渡産コシヒカリは食味試験ランクが常に特A(最高ランク)です : 一般財団法人日本穀物検定協会


無名異焼について

無名異焼の特徴

無名異焼(むみょういやき)・・・聞いたことが無い人も多いかと思います
知名度とは?私が思うに、いかに多くの人に使って頂けるかという事だと思います
しかし、無名異焼には肝心の量産性がありません

☆ その理由こそが無名異焼の最大の特徴とも言えます ☆

■ 無名異焼の無名異の名前の由来からご説明致します ■

中国の昔話(四老人故事集)にあります。簡略させて頂きますが
李勇という若者が怪我をした際に偶然手にした
皇宮の壁土を砕いて血の出ていた傷口に擦り込んだところ
血が止まり痛みはとれ翌日には治っていた

李勇が持ち帰ったこの壁土の効果はみるみる広がり
これをある医者が知って何人かの傷に試したところ
非常に良く効くことがわかりました
それからこの土は止血・痛止めの外傷薬として利用された

しかし、名前が無い・・・
漢方医がいろいろな名前を考えたがこの土に合う名前がみつからない・・・
いつしかこの薬を無名異と呼ぶようになった

明の時代になって李時珍が無名異を医学書(1596年「本草網目」刊行)に載せてから
無名異は止血・痛止めの外科良薬となった

■ 無名異(佐渡金山鉱土)

佐渡金山・金脈近くの石英欠裂箇所に約4cmの層をなして
沈殿した第二酸化鉄を多く含む赤土が、漢方薬
「無名異」と
同じ効果がある事から江戸時代より無名異と言う名がつけられ
止血・痛止めの良薬として珍重されてきた。
また佐渡銀山で産する「無名円」(現在のエキホス)もあった。

佐渡金山では今でも金採掘用の坑道跡がいくつも残っています。
その中に、無名異鉱土を採掘した坑道も無名異坑(右写真)
として残されています。

日本全国に赤土であれば多く存在しますが無名異となると
辞書で引いてみても出てくるのは「佐渡金山の赤土」なのです。

☆ この漢方薬である無名異土を原料としている焼き物が無名異焼の最大の特徴と言えます ☆

この土は非常に微粒子で構成されており粘りも無い為、焼き物としては扱いにくい土といえます
しかし、ある地質学者が佐渡の無名異(赤土)を見たとき
こんな赤土の色は生まれて始めてみました」と絶賛したそうです
それだけ異質の赤土だったのだと思います

現在では高火度の朱紫泥焼技術により約30%の収縮した賢牢な焼き物となっています
(通常の焼き物が10~15%の収縮といいますから非常に小さくなることがわかると思います)
この焼き締まった陶器は他に類を見ない丈夫さと吸水性の無い焼き物となりました

しかし無名異の陶土を作る事は非常に難しい仕事でもあります
特に水簸(すいひ:不純物を取り除く工程)・調合作業は窯元の経験が必要不可欠となり
一度に土を作ることはありません
(出来の悪い土では本焼きで全てがヒビ割れなどが発生してしまう)
よって新しい土をつぎたしながら永遠に作り続けるのです
(秘伝のタレみたいですね)

■ 佐渡の伝統技術

土のほかに大きな特徴として製造工程での生磨きや焼成後の砂研磨という特殊な工程があります。
これも非常に手間のかかる仕事です。

元々微粒子の陶土の為、キメの細かい焼き上がりですが更に砂研磨を施すことにより土物でありながら光沢のある優しい表面が完成します。

土物では想像のつかない神秘的な滑らかさです。
その肌合いは心地よく口当たりも非常に優しい感じがします。
   


☆ 漢方薬無名異の効果は焼き物となっても尚その効果を受け継いでいます ☆

明治・大正・昭和と佐渡の無名異焼は茶器・花器が主流で販売されていた頃
茶器はその効果から病気の予防に良いとされ重宝されてきました
(これもひとつの漢方薬的な考えなのかもしれません)

さらに花器は花もちが良いとされてきました

某テレビ局の番組で実際に無名異の土と通常の赤土を検証した結果
無名異の赤土と通常の赤土では発芽率に2倍の速さが実証されました
成分分析でカルシウムマグネシウムが非常に多く含有している事実が判明したそうです
詳しいことは私には解りませんが植物に非常に良い結果がでました

他にはビアカップで飲んだビールは旨いと評判です。
(微粒子土のキメの細かさがビール泡などに影響して甘みを出すそうです)
これは無名異焼に限らず無釉焼締陶は昔からそういわれています
ビールの本場「ドイツ」でも日本の無釉焼締陶は高い評価を得ています

☆ 陶器(土物)でありながら磁器(石物)に近い質感です ☆

叩くと澄んだ金属音を発し、土色の赤を生かした陶器は使い込むほど
器肌にしっとりとした味わいが出てくるのも特徴の一つです

無釉焼締陶は「土を口にする違和感」を感じる人もいると聞きますが
無名異焼の焼締は「澄んだ金属音」でもわかるように国内最高強度の陶器は硬く衛生的な器です

長く使い続けることで、日々違った表情を与えてくれる
土の色は深く濃く・・心を癒す優しさがあります

☆ 近年美術品としても高い評価を受けています ☆

日展・現代工芸展・日本美術工芸展・などの入選作家も多く
「無名異焼の歴史」でも示したように無名異の土は
青磁分野で初の
人間国宝・三浦小平二
無名異焼からは最高技術保持者の
人間国宝・伊藤赤水
という二人の人間国宝の陶芸家が佐渡の相川から生まれている



  陶芸家での重要無形文化財保持者(人間国宝)一覧  
    小さな小さな島国が生んだ人間国宝の2人!
全国の陶磁器の陶芸家の数から考えてもそれは驚異的な快挙と言えます

2
0
0
5
2
0
0
4
2
0
0
3
2
0
0
1
1
9
9
8
1
9
9
7
1
9
9
6
1
9
9
5
1
9
9
4
1
9
9
3
1
9
8
9
1
9
8
7
1
9
8
6










































鹿































































鹿

















(2006年5月現在の陶磁器での人間国宝



 店長のひとり言 
 無名異焼の窯元は全て、昔ながらの伝統的な技法で制作しています。
 その技法は非常に難しく時間と手間のかかる内容の仕事です。
 
 
暴れん坊な土なだけに、土作りから成型・本焼きまで一瞬も目を離せない神経の使う仕事。
 しかし焼きあがった無名異の土色は鮮やかで陶芸家・工房職人の心を癒してくれる・・・
 そんな存在なのかもしれませんね。
 
 それだけに
土(無名異)への愛情は誰よりも大きいのでしょうね。

 私が以前、無名異焼体験をしていたときも、余った一握りの土をその場に放置していた時・・・
 
「もったいないので」、と言って私の子供にキティーちゃんの小物を作ってくれました。
 
 本当に土(無名異)の大事さを痛感しました。
 貴重な土を使い切るような姿勢が必要ですね(反省です)
 
 この土(無名異)の良さを一人でも多くの人に、見て、触れて、使って頂きたいと願います。
 そのとき感じた無名異焼の印象こそが、無名異焼の特徴なのだと私は思っています。
 

美術品としての評価

三大窯元


200年の歴史が生んだ佐渡ヶ島伝統工芸に、近年では美術品としても高い評価を得ています。そして数少ない重要無形文化財認定(人間国宝)保持者が2人も誕生しています。小さな島国から考えると偉大なる数字なのです。

赤水窯  第5代伊藤赤水
無名異焼・人間国宝認定

<特徴>

土の装飾とは思えないほどの鮮やかな花紋や赤と黒の窯変などで無名異焼の新しい可能性を開拓しました。

常山小平窯 三浦小平二
青磁・人間国宝認定

<特徴>
青磁に繊細な絵付けを施すという新しい青磁の美しさを開拓しました。無名異土を使い青磁分野では初めての重要無形文化財技術保持者に認定されました

数右ヱ門窯 長浜数義
釉裏紅・日展連続入選中

<特徴>
不安定で困難な技法の為、本場中国でも数少ない釉裏紅(ゆうりこう)は透明の釉薬の裏に美しい絵付けを赤に還元発色させる技法で、登り窯による完全還元は国内でも数少ない陶芸家の一人である。

無名異焼の歴史

無名異焼(むみょういやき)は新潟県の佐渡ヶ島に伝わる伝統的な陶芸の事を言います
文政2年に伊藤甚平が無名異(当時漢方薬)を使って楽焼を焼いたのが始まりとされており
佐渡金山の金脈近くから産する無名異土(むみょういづち)を用いた、赤い肌を特徴とし
た非常に硬く吸水性の無い「磁器と陶器の中間(せっき)」に分類される焼き物です

■ 無名異土

  無名異土とは佐渡金山の石英岩欠裂箇所
  から産出される鉱物で、一種の赤土です。
  この無名異は酸化第二鉄を約95%他マンガン
  等などを含有した止血・痛止め外科良薬で
  江戸時代では陶器ではなく、薬として販売
  されていたものです。

  日本では佐渡のほかに石見銀山からも産し
  石見無名異焼を制作していましたが、無名異
  の原料がなくなると同時に閉窯されたと聞きます。
  

現在、佐渡金山は世界遺産登録に向けて活動中です

この薬土(無名異)を使って陶器の本焼を始めたのが伊藤富太郎(安政4年)です

しかし、この土は非常にキメが細かく粘着力もなく陶土には向いていなかった
(手で握ると指の間からさらさら落ちていく)
当時は低温焼成だった為、本焼きしても堅くならずに脆かったそうです
そこで初代三浦常山や初代伊藤赤水らが脆かった従来品を強くする為に
先頭に立って精力的に活動をしました

明治6年になってようやく試行錯誤の末、1200度もの高温で焼き締めた
非常に硬く吸水性の無い本焼きの無名異焼が完成した
(無名異焼の名前が定着したのはこの頃からだと言われ、名付親は【勝海舟】とも言われています。)


■ 佐渡の伝統

やがて、それぞれの窯元がお互いに模索しあい新しい技術を取り入れ佐渡伝統文化により進化していきます。
  
現在、無名異焼の窯元の総数は18窯。
全国の陶磁器窯数から考えると非常に少ないです。
  
外部との交流があまりない島国ならではの発展でしょうか?
他者に影響を与えられる事の無い独創性により無名異という特殊な土を最大限に生かす技術が開花して行きます。

  


1997年 三浦小平二 重要無形文化財技術保持者に認定
  異質ともいえる無名異の赤から佐渡の海を思わせる癒しの青色釉薬を施し完成させた青磁で
  青磁分野では始めての
人間国宝に認定されました。
  無名異から大きく巣立っていった三浦小平二氏(東京芸術大名誉教授)は2006年10月3日73歳
  でその歴史に幕を閉じました。
  しかし、今までに生み出した青磁作品は永遠に生きています。
2003年 伊藤赤水 重要無形文化財技術保持者に認定
  2003年に重要無形文化財の指定を受け、同時に5代伊藤赤水が重要無形文化財保持者(人間国宝
  に認定されている
  無名異焼の最高技術保持者として
人間国宝に認定されました。
  伊藤赤水氏は無名異焼を愛し、佐渡を愛し、扱いにくい異質の無名異土に対し真正面から語り
  かけていくような方です。
  その作品には無名異の土の色(赤)をより美しく見せるための窯変(ようへん)や土の色のみで花の
  装飾をする練上(ねりあげ)など、無名異の土にこだわったものとなっています。
  現在も佐渡相川でさらなる無名異の神秘を探しながらご活躍をされています。

現在日本の陶磁器分野での人間国宝に認定されている人は非常に少ないです
その中の2人が無名異から生まれたと言うことを重く受け止めたいと思います


 店長のひとり言 
 無名異焼には六古窯(瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前)のような歴史、技術、生産性はありません。
 しかし、技術に関しては伊藤赤水(
人間国宝)氏がこれからの可能性を与えてくれました。

 限られた佐渡金山鉱物・無名異土の資源や伝統工芸であるという意識からも考え、今後も量産は
 出来ないと思います。
 だからこそ、ひとつひとつ丁寧にクオリティーの高いものを造り続けていけるのだと思います。
 
 無名異焼は決して主役にはならない存在・・・ しかし主役を引き立てることで自らを輝かせる・・・
 そんな焼き物であると私は考えています。
 
 備前・常滑などが
力強い男性的な陶器であれば、無名異焼は優しく女性的な陶器といえます。
 
 主役達の中に入ることで全体を輝かせるような、そんな焼き物が無名異焼なのだと思います。
 皆様の大事な焼き物に、新しい風を吹き込む無名異焼をそっと・・添えてみてください。
 無名異焼の優しさは、皆様の大事な焼き物をより力強くしてくれることと思います。


■ 無名異焼についての感想をお待ちしています。

  佐渡の無名異焼職人は外部との交流もあまりなく、一筋で真面目な職人が多いです。
   観光おみやげ販売店などで販売されていますが、お客様の声は職人には届きません。
   職人達はひたすら時間と手間のかかる伝統工芸を作り続けます。
   伝統工芸品は高めの価格設定になってしまいますが一人でも多くの方に使って頂ける事を信じながら・・・

  私は皆様の率直な感想を工房職人の皆さんに直接伝えたいと考えています。
  職人にとって一番嬉しい事は
「皆様の暖かい声」だと思いますから。
  逆に辛い声もあるかもしれません・・・それはこれからの方向性を教えていただける声となります。
  勝手なお願いかもしれません。無名異焼職人に作る喜びを与えていきたいと強く願ってます。

無名異焼の技

無名異焼(むみょういやき)を聞いたことがあるという方も
朱泥の無釉焼締陶と言うイメージが強いのではないでしょうか?
しかし、無名異の土の素材を生かした「練上手」や「窯変」などもあります

重要無形文化財保持者(人間国宝)である伊藤赤水氏
の作品(下記写真)はその代表的なものといえます

無名異焼は無釉焼締陶だけではなく施釉陶や絵付けの施された器
なども数多く作られていてその種類も多種多様で個性豊かな作品
が多くなってきたように思います

☆ 無名異焼のような伝統工芸で「技」とは伝統そのもだと感じます ☆

六古窯のような高度な技術ではなく、「伝統からなる技術」が無名異焼の技ではないかと私は考えています

現在の無名異焼は佐渡の色合いを表現した新しい様式の焼き物が次々と生まれてきています
その背景には、京都の貴族文化、江戸の武家文化、西国の町人文化などが渾然一体となって
育まれてきた「佐渡ヶ島」の歴史・文化の特殊性にあると思います

当然、無名異焼もそういった歴史・文化に裏打ちされた佐渡特有の感性が
重要無形文化財の指定に繋がったものなのかもしれません

■ 窯変(ようへん)
焼き上げる際に炎の当て方で色を変える。
炎に直接焼かれた部分は還元作用により黒くなり影となった部分は無名異の赤を描きます。

「炎の流れをあやつるのは、川に石を置き水の流れを変えるがごとく」と言います。
いったん窯に火を入れた後は、炎の意思だけに作品の美しさをゆだねます。
                                      
窯変は土質により全く違った表現をしてくれます。
無名異土の窯変はその微粒子性から幻想的な色合いを表現してくれます。
無名異焼窯元の多くが手がけています。
無名異の赤色と黒のコントラストが非常に美しい・・・。



.
■ 練上げ(ねりあげ)
色の違う土を薄く伸ばし、丁寧に重ね合わせて色の層を作り乾燥した後に削りだすことによって複雑で美しい紋様を描きあげる

成型だけで、ひとつの作品に一ヶ月以上が必要な労作です。
   
収縮率の大きい無名異の陶土を練上げるのは非常に難しい土の管理が必要です。
紋様を描いている土の色が多くなればなるほど収縮率の違う土を多く扱うわけですから陶土を作るのも焼くのも非常に困難な作業と言えます。


これほど美しい景色が絵付けではなく、練上げによって作られたとは多くの方が想像できないと思います。

無名異焼窯元では「永柳修一氏」が用器を作成しています。
伊藤赤水氏は10色以上もの土色を操ります。まさに人間国宝ですね

伊藤赤水(人間国宝)の作品収蔵
  文化庁 ・ 東京国立近代美術館 ・ 国際交流基金 ・ 外務省 ・ 農林水産省 ・
  英国国立ビクトリア・アンド・アルバート美術館 ・ 米国バークコレクション 他


 店長のひとり言 
 無名異の陶土収縮率(30%)を考えると、窯変・練上はもちろんのこと釉薬の調合
や絵付けなど全てが 難しい作業となります。
 そんな中で現在の窯元は皆、日々次なる挑戦を続けています。

 ちなみに私は無名異焼の練上作品が大好きです。
 伊藤赤水先生は観賞用の美を追求されておられる方なので私の予算では手がでません(^^;

 私の母が赤水先生の花紋練上が大好きなんです・・・でも・・・買ってあげられません(涙)
 本当に小さな・・小さな・・器でもいいです。母にプレゼントをしたいな~。
 本当に素晴らしい作品なだけに・・・・。
 いつかそんなやきものを作って頂き皆さんにもご提供できるかな?なんて考えています。

 練上陶器が好きな私にはピッタリの作品が永柳修一氏の作品です。
 数々の工芸展で入選・会長賞など受賞するなど精力的に活動している陶芸家です。
 永柳工房の永柳修一氏の作品は用器も作成しており、とても優しい感じの陶器なので超お勧めです♪。

 「練上げ」や「窯変」などは量産は出来ないと思います。それだけに作家・職人の想いを感じます。
 そして、なにより自然の土の色はどんな豪華で綺麗な装飾より「心が落ち着きます」
 長く使っても飽きないのが良いですね。(私は飽きやすい性格なものですから・・・・特に・・汗)

江戸時代に薬とされた無名異土

無名異焼の原料である無名異土は佐渡金山鉱物の赤土です

その土色は鮮やかな紅色を輝かせる神秘的な色合い・・


無名異土の採掘現場は佐渡金山(佐渡市)管理のもと窯元管理者にのみ立会にて公開されます。
その場所は一般には絶対に公開されない秘境の地とも言えます。

また、窯元もこの採掘場所で無名異を採掘する事は出来ません。佐渡金山にて採掘します
その価格は市販の赤土よりかなり高いと聞きます。無名異焼以外での持ち出しも禁止されています。

この度2007年正月に窯元への立会い確認の際に採掘場所を撮影した画像を
無名異焼組合・組合長でもある永柳陶房の永柳修一氏より許可を得て

一般初公開!です。-もちろんインターネット初の配信画像です-



 無名異土の歴史と特徴 


1、無名異土の概要


無名異焼の原料である無名異は、酸化鉄を多量に含んだ赤い土で、金・銀鉱脈採掘の際に出土したものです。
当初(江戸時代)は漢方薬として切り傷や火傷の止血剤・胃腸薬として使われていました。

痛みを止め、傷を治す効果から「中国の無名異(漢方薬)」の名がつけられました。
国内では世界遺産に登録された石見銀山からも出土していたといわれています。


2、人間国宝の号名「伊藤赤水」の由来

無名異の土は佐渡金山で金銀を採掘するさいの副産物と言われています。
金・銀山からのみ採掘される
薬としての歴史を持った無名異赤土は金脈の近くに存在した為、金を採掘する際に湧き出る地下水は無名異で真っ赤に染まったそうです。

江戸時代の採掘方法は原始的で、地下水を特殊な道具で人の手によって汲み出していました。

その大量に排出される佐渡金山の地下水は【
真っ赤な水】となって赤い川を作りました。
(現在も赤水窯の近くに【赤川】存在します。今は普通の小さな川)

人間国宝の5代伊藤赤水の「赤水」の由来がこの川にあります。


3、無名異土の歴史

【佐渡年代記】の寛政4年(1792)の記事によると奉行所が「無名異」を佐渡の特産品として幕府に報告しています。
この土が焼物用として使われるようになったのは幕末の文政年間(1818~1830)と言われています。

相川出身の国史学者萩野由之が筆した【佐渡人物志】の「三浦常山(みうらじょうざん)」の項目の終わりに、「鑛山より出づる無名異は、相川の人古川友八(ふるかわともはち)の発見にて・・・」と書かれています。

無名異焼の創始者が三浦常山や伊藤赤水であることはよく知られていますが、この無名異の土に着目した古川友八とはどのような人物だったのでしょうか?

このことに関して郷土史家の故本間寅雄(ほんまとらお)先生が、平成3年に「古川家文書」の調査を行い、次のように解明しました。

古川友八は寛政12年(1800)生まれで、政明とも呼ばれ、祖先は奈良県・高取藩士の子孫で、佐渡にわたってきて、古川家の6代目であった。
文化13年(1816)に中尾間歩(間歩とは坑道のこと)の帳付(監督者)となり、代々世襲でこの仕事に従事していた。
この中尾間歩が無名異の主産地であったため、古川家が主に
薬としての効用に着目し、鉱山から採掘権を買い受けて一般に供給を始めた。
明治に入って焼物の原料として使われるようになると、三浦常山窯や伊藤赤水窯(現在の赤水窯)は無名異の原土の供給について、古川家と契約を結んでいたようである。
古川家は幕末から明治後半頃まで原土を一手に販売していた。



3、無名異土は幕末時代に焼き物として利用される

無名異焼とはこの原料である無名異を長い年月ひたすら沈殿させ不純物を取り除きます
少しの無名異土を使うとまた無名異を補充し沈殿させます
鉄分が多い為、比重が重く純粋な無名異のみが底に沈殿するのです
最終的に陶土の原料無名異は超微粒子(パウダー状)となります

無名異焼で最も難しく職人の手間と時間を要する工程が陶土作りなのです
しかし、その苦労は国内無類の高強度陶器へと生まれ変わります

一つの焼き物を作るために必要な職人の労力は他に類をみない伝統技法と言えます

この無名異土を原料とした焼き物を「無名異焼」と命名した人物は勝海舟と言われています。
歴史あるやきもの名称が産地名ではなく原料名の焼き物は無名異焼のみです。



無名異の神秘を実験してみました

 なんでも実験第1弾♪
無名異土は日本テレビ(ズームイン朝)では2倍の発芽率を実証した!
 それであれば、陶器となった無名異焼ではどうなんだろう?
花持ちが良いと言われているが試してみるのみです(^o^)/

無名異実験第一弾!「無名異花器は花持ちが良い」を検証せよ!
実験期間2006年11月11日~2006年12月26日 の46日間
実験内容庭に咲いていた花を4つの花目をつけた状態で切り取り、無名異陶器と計量カップで寿命の長さを実験する。(枯れた基準は鑑賞不可能な状態!とします
実験結果報告

私が注目したのは花よりも葉の青さです。
非常に青々した元気な葉なんですよね。

まだ少し元気なのですが計量カップの方にだけ
黒い虫が大量に発生したため実験をここで終了することにしました。

ちなみに庭の採取した元花は完全に枯れてます。
無名異湯呑みの切花の寿命は46日間計量カップの切花の寿命は17日間

驚きの結果!

写真ではちょっと解りにくいかもしれませんが、最終的に 水がとても綺麗だったんです。
ほとんど元の状態と変わりありません。

計量カップの方は白く濁ってました。


また、同量の水を使用したのですが残った水の量が明らかに違います
無名異の方はあまり水が減っていません。

理由は不明です(^^;

詳しい方からのご指導お待ちしています♪




 なんでも実験第2弾♪
無名異焼のビアカップは泡がムース状で泡持ちが良い為美味しくなる!を実証した!
 本当に泡持ちが良いのか?泡が微粒子なのか?どうなんだろう?
素人店長!私はわからなければ試してみるのみです(^o^)/

無名異実験第二弾!無名異ビアカップは泡持ちが良いを検証せよ!
実験
期間
2007年1月31日 14:00
実験
内容
無名異ビアカップは本当に泡持ちが良いのか?実際にやってみる!
その他にビールの泡を均等に作るのが困難なので、泡が簡単に消える泡持ちしない炭酸飲料水を使ってやってみることにした
実験1  無名異ビアカップは本当にビールの泡持ちが良いのか?
【実験結果】
●上記写真のように泡持ちは確かに良くさらに泡のキメが細かい事がわかった。
●驚いたのは、泡持ちが良いのではなく微粒子の泡を生成しているようだった。
●泡で中が見えないので、炭酸飲料水で再度試してみる事にする。
実験2  泡持ちの悪い炭酸飲料水で無名異カップはどうなるのか?
【実験結果】
●上記写真の炭酸飲料水を入れたガラスコップは一瞬で泡が無くなった。
●驚いたのは、無名異のカップはやはり微粒子の泡を生成しているどんどん泡が湧き出してくる!
●その時間は約5分程続きました。(無名異カップをお持ちの方は是非試してみてくださいね
驚きの結果をリアルにムービー実演!

写真ではちょっとわりにくいかもしれませんので、ムービーにて撮影しました。
炭酸飲料水を入れてからの様子をムービーで見てください!納得していただけると思います。

ガラス以外に市販の磁器カップでも試したのですが、結果は泡が出ません。
無名異焼(施釉)で試したのですが少量ですが泡が発生します。
理由がわからないのですが、炭酸の成分が無名異の成分に反応しているのだろうか?
詳しい方からのご指導をお待ちしています(店長)


注意!ムービーWMVファイルをダウンロードします(サイズ966kB)  ●圧縮してある為多少画質が悪いです。
     (Madia Player他のWMVムービーを再生できる環境が必要です。)


 ←Windows Media Player を無料でダウンロード出来ます

無名異ビアカップの神秘的な泡の映像です(ご自由にご覧下さい)


また、味についてなのですが私はビールが苦手なので、私の大好きな赤ワインでガラスのカップと無名異カップで飲み比べてみました。
結果はソムリエでも無い味音痴の私でさえはっきりと味の違いがわかりました(びっくりです)
ガラスのカップ普段飲む味です。ちょっと辛口?ツンとくる感じです。
無名異のカップすごく甘口? まろやかで濃厚なぶどうジュースみたいな感じ です。(私の感想)

辛口がお好きな方には合わないかもしれませんね。
でも甘口がお好きな方はきっと喜ばれると思います。

無名異焼窯元作品集

無名異焼窯元作品集


永柳陶房 永柳修一

数右ヱ門窯 長浜数義

文平窯 清水謙

北沢窯 其田和彦



キンちゃん本舗株式会社
セイデンテクノ株式会社

営業日のご案内
  • 今日
  • 定休日

※定休日のメール送信及び商品発送はお休みさせて頂きます。


【お電話でのお問合わせ】
セイデンテクノ株式会社
新潟営業所
025-378-6171
営業時間
AM10:00~PM5:00

佐渡セイデンからお届けする最新情報やお得な情報が満載です。
ご購読を希望される方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ